• ホーム
  • 眠気の少ない抗アレルギー薬

眠気の少ない抗アレルギー薬

花粉

アレルギーによる目のかゆみは鼻づまりなどが起きないようにしてくれる抗アレルギー薬ですが、副作用があります。
その中に、眠気を催すものがあり、そのような抗アレルギー薬は仕事中や運転中には使えないという欠点があります。

抗アレルギー薬は飲用すると血中に有効成分がとりこまれます。
その成分が脳内へ行く量が多いほど、眠気を催すのです。
化学伝達物質のヒスタミンがアレルギーを引き起こすため、従来の抗アレルギー薬はこのヒスタミンの働きを阻害するものでした。
しかしヒスタミンは脳を活性化するという仕事を担っているので、ヒスタミンの働きが阻害されると脳の働きも阻害されてしまう結果、眠くなってしまうのです。

現在では眠気が少ない抗アレルギー薬も開発販売、処方されているます。
第二世代抗ヒスタミン剤と言われる抗アレルギー薬です。
この薬は、従来の薬に比べて口が渇いたりめまいや吐き気などの副作用が起こりにくくなっています。
抗ヒスタミン剤が脳に届きやすい薬は脳の働きを阻害してしまう可能性が高いため、脳に届きにくいようになっています。

第二世代抗ヒスタミン剤は眠気が少ないことが特徴ですが、薬によって眠気の起きやすさに差があります。
自動車運転能力に及ぼす影響は少ないと認められていて、注意書きに「運転等に影響がある」という記載のない薬を選ぶと良いでしょう。
花粉症など季節性のアレルギーに使用するときには、あるため花粉飛散の2週間ほど前から服用をスタートし、シーズン中は切らすことなく第二世代抗ヒスタミン剤を服用すると予防効果が期待できます。
新薬は価格が高いですが眠気を抑えるなど副作用が出づらく、古くから使われている薬は価格が安い分、副作用が出づらいという特徴もあります。