News
せきが出る女性

抗アレルギー薬はアレルギーの症状である痒みやくしゃみ、鼻づまりなどを抑える薬です。
つらいアレルギーの症状がある人にはとてもうれしい薬ですが、副作用として眠気が起こってしまいます。
曽於ため、仕事中は服用を控えたり、車の運転をしないようにすることが必要となります。
この眠気は何が原因で起こるのでしょうか。

体内に取り込んだアレルゲンは脂肪細胞に働きかけ、ヒスタミンが放出されます。
それがアレルギーの症状の原因となっています。
抗アレルギー薬は脂肪細胞からヒスタミンが放出するのを抑える薬剤です。
同じようにアレルギー症状を軽減する薬に抗ヒスタミン剤があり、こちらは放出されたヒスタミンの働きを阻害する働きをします。
厳密にいえば抗アレルギー薬と抗ヒスタミン剤は別のものなのですが、最近の薬は抗アレルギー薬と抗ヒスタミン剤の作用が一緒になっているものがあり、医療機関でも厳密に区別はしていないようです。

眠気が起こる原因は、体内に放出されたヒスタミンの働きを阻害することで、ヒスタミンが脳内で欠乏してしまうからです。
ヒスタミンは脳を活性化する作用があるのですが、不足することにより集中力や判断力の低下や作業の能率が低下してしまいます。
その結果、眠気が起こると言われています。

現在では、眠気が起きにくい抗アレルギー薬の開発販売、処方がされています。
一般的に、新薬の方が眠気が起きる確率が少なく価格は高いと言われています。
その人の体調や体質によって眠気が起きにくい抗アレルギー薬でも眠気が起きる可能性はあります。
医師に相談のうえ、自分の体質に合った抗アレルギー薬を使うことでアレルギーの症状とその副作用を抑えるポイントとなるでしょう。

人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ